最新投稿

  • 大学における教育の質の向上と変化

    最近、政府が文系や教員養成系の学部及び大学院の大幅な縮小あるいは廃止に関する文書を国立大学に通知したことが大きな話題となりました。
    将来どのような人材が社会で求められ、そのためにはどんな教育を受けさせるべきなのかが大きな問題です。
    学校は、幼稚園、小学校、高校と積み上げていって、その頂点に大学や大学院があります。
    このため、頂点である大学や大学院の教育の質が改善することで、初等中等教育にまで改善の影響を及ぼすことができると考えられています。
    このため、大学においても、従前通りの座学による講義形式ではなく、議論や討論を中心とするアクティブラーニングの導入に力を入れています。
    大学で教える内容が変われば、大学が求める人材も変わります。
    いわゆるアドミッションポリシーも内容が変わり、当該ポリシーに即した人材を獲得するため、入試制度の変革が迫られます。
    この結果、高校以下の初等中等教育も大きく変容せざるを得ません。

    目黒区のプリスクールでバイリンガルに

    東京でスマホのホームページ制作が無料

    夜間指導も行うレクサス教育センター

    頼りになる教員を募集中

    東京の格安自動車学校・自動車教習所はルーチェドライビングスクール

  • ①.教育

    発達障害のある小学生の放課後デイサービスというものがあるのは皆さんご存じでしょうか。
    私の姉が …