障害のある子供たちのための福祉の教育について

発達障害のある小学生の放課後デイサービスというものがあるのは皆さんご存じでしょうか。
私の姉がその放課後デイサービスで働くことになり、それをきっかけに知るようになりました。
姉が働くところは軽い発達障害がある子供を対象にした放課後デイサービスだそうです。
いっぺん普通に他の子どもと変わらないと思うような子でも、何かに対して過敏に反応してしまったりしてストレスや癇癪を起こしたり、学校に行けなかったりする、でもそれが発達障害の原因だということに気づけるようになったのは最近のように感じます。
昔学校などで、なんかあの子変わっているなと思っていたような人がいませんでしたか。
その人が大人になり、自分で自分はおかしいんじゃないかと思い悩み、病院へ行った結果、実は発達に障害があったという事例を耳にしたことがありました。
発達障害だけでなく身体障害など、様々な障害のある子供たちに対して私たち一人ひとりが、理解や知識を深めることで福祉の教育が正しい方向へと広まり、しっかりと学校での教育、家庭での教育、どこの場所でもサポートできる環境が増えていけばと思います。